こんにちは!奈良県天理市を本拠に運送業を営む、株式会社ST運輸です。
経験豊かなドライバーたちが、一般貨物から土砂、砕石、産業廃棄物などを運んでいます。
日本中を走り回るトラックは、国内貨物輸送量の約9割を占めています。
つまり、現在の日本社会は、トラック輸送なくして成り立ちません。
モノが動くことは、経済が動くことです。
そんな日本経済の一翼を担うトラック輸送についてご紹介します。

物流の歴史

生産地からモノが消費地に運ばれるという形が、日本である程度できあがったのは江戸時代だと言われています。
当時の中心は水運で、島国である日本の利点を生かすように、海や川を利用し、さらに運河を作って物を運んでいました。
道路が整備される以前は、大量のモノを運ぶには水運しかなかったのです。
明治維新を経て、鉄道が敷かれ、交通手段は革新的に変わりました。
しかし鉄道を使った輸送をしても、最後が未舗装の道路だったため、せっかく運んだモノが破損してしまうという課題がありました。
第二次世界大戦後、物流という概念が本格的になり、モノが大掛かりに輸送されることが多くなりました。
1964年(昭和39年)の東京オリンピック開催に向けて一気に整備された道路を使ってモノが運ばれ始めます。
空路も整備されることによってモノが多く動くようになり、さらにトラックがモノを運び、届けます。
物流が日本の経済をしっかりと支える時代が始まったのです。
モノが大量に消費され、どんどん道路や建物が作られれば廃棄物もたくさん出ます。
現在では、さまざまな製品だけでなく、廃棄物などもトラックで輸送するのが当たり前になりました。

熟練ドライバーの安心輸送

トラック輸送は人々の生活を支えています。
弊社は近畿地区を中心に、その一端を担っています。
一般貨物、土木工事などで出る廃棄物(土砂、砕石、産業廃棄物など)の収集、運搬を主に行っています。
ハンドルを握るのは、熟練ドライバーたちです。
一般的に“10トントラック”と呼ばれる自社所有の車で、日々、皆様の信頼にお応えしています。

ST運輸へご相談ください!

ST運輸では、安心、安全なトラック輸送を行っています。
さまざまな経験を持つ会社だからこそ、大事なお荷物を運ぶベストな方法を一緒に考えることができます。
運びたいモノがある方は、ぜひ一度お問い合わせください。

【求人】ST運輸では新規スタッフを募集中!

ただ今、ドライバーを急募しています。
運転するのは10トンダンプや、荷台がスーパーカーのように開く10トンウイング車などです。
未経験でも、資格の取得から費用を含めたサポートがあるので安心してください。
もちろん、有資格者、経験者は給与面で優遇します。
皆様のご応募をお待ちしております。
お気軽に各種募集ページからご連絡ください。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。


株式会社ST運輸
〒632-0076
奈良県天理市岩室町55-1 シャローパディ102
TEL・FAX:0743-20-1998